JLPT考级 >历年真题 >

        問題9 次の文章を読んで、文章全体の内容を考えて、 50 から 54 の中に入る最もよいものを、1・2・3・4から一つ選びなさい。
        以下は、留学生が日本事情について書いた文章である。
        日本における米食の変化
                               ヨハンソン ダグ
        日本食というと米の印象が強く、私は、日本人は米を一日三食食べていると思っていた。ところが日本に来てみると、( 50 )ので驚いた。

        ある調査によると、1960年の日本の米の消費量は一人当たり年間約120キロだったが、2010年は約60キロだったという。この50年で米の消費量が半減したわけだ。けれども、50年で一日の食事の回数や総量が半減する( 51 )。では、どのような事情で米の消費量が半減したのか。

        それにはいくつか( 52 )があるようだ。その中で私が取り上げたいのは、食の多様化だ。1965年ごろから日本では様々な食物を輸入するようになり、米以外にパンなどを主食としてよく食べるようになった。また、1960年から2010年の50年で、肉の消費量は約5倍に、乳製品は約4倍に増えた。こうした変化の中で、相対的に米の消費量が減少したのだろう。

        食の多様化自体は、食卓が豊かになるのだし悪いことではない。( 53 )、食の多様化に伴う問題も起きているようだ。日本では昔から米や野菜がよく食べられてきたため、日本人の体はそれらの消化に適しており、肉や乳製品の消化が苦手だという。食の変化によって病気になる人も増えているそうだ。日本人が守ってきた伝統的な食文化は、日本人の健康を支えていたのだ。

        私の国の食文化も私たちの健康を支えてくれていたのだろうか。日本に来て、その土地に生きる人と食文化とのつながりについて( 54 )。

        50
        ·  これではなかった
        ·  それではなかった
        ·  そうではなかった
        ·  こうでもなかった

        51
        ·  とは思えない
        ·  としか思えない
        ·  とも思われる
        ·  とさえ思う

        52
        ·  条件
        ·  証拠
        ·  基礎
        ·  理由

        53
        ·  理由
        ·  そのうえ
        ·  だが
        ·  そこで

        54
        ·  考えたのだろう
        ·  考えさせられた
        ·  考えさせていたのだろう
        ·  考えられていた

        読解
        問題10 次の(1)から(5)の文章を読んで、後の問いに対する答えとして最もよいものを、1・2・3・4から一つ選びなさい。
        (1)
        物まねのじょうずな人が小鳥の鳴き声や汽笛(注)や飛行機の飛ぶ音などをまねてみせると、人は感心する。もしそれが「物まね」であることを知らなければ、本物だと思って聞くので特別感心もしない。
 人はそれが本物でないことを知っていて、心の中にある本物のイメージと比べてみて、似ていることを確認する。似てはいるが本物ではなく「物まね」であることを意識した時はじめて「うまい」「そっくりだ」と言う。
        (山川学而『遊びと文化』による)
        (注)汽笛:船が港を出る時などに出す合図の音
 
        55. 人は感心するとあるが、なぜか。
        ·  「物まね」が本物でないと知っているから
        ·  「物まね」と本物を比べたことがないから
        ·  「物まね」を本物だと思い込んで聞くから
        ·  「物まね」される本物のことを知らないから
        (2)
        以下は、靴の会社の技術部員が受け取った社内メールである。

56. このメールを見た技術部員が必ずしなければならないことは何か。
·  前回の会議の記録を確認することと、11日10時までにシューズ改良案を出すこと
·  会議で検討する事柄を確認することと、11日10時までにシューズ改良案を出すこと
·  シューズの発売予定を確認することと、11日15時までに発売方法の改善案を出すこと
· 全員のシューズ改良案を確認することと、11日15時までに発売方法の改善案を出すこと
 
 
 
 
 
 
 
(3)
全員のシューズ改良案を確認することと、11日15時までに発売方法の改善案を出すこと

57. この文書を書いた一番の目的は何か。
·  事務用品の注文先の会社の変更を伝える。
·  事務用品の注文方法の説明会の日時を知らせる。
·  事務用品の注文、管理方法の問題点を伝える。
·  事務用品の注文、管理方法の変更を知らせる。
(4)
 客は、自分が好きな本を並べている本屋にであったとき、いい本屋だと思う。だが、その本はすでにもっているからもう買わない。だからその本は売れないのだが、客は自分の好きな本を置いてくれているその本屋に、他にも面白い本があるだろうと期待して何度も足を運び、別の本を買ってゆく。数字上は売上ゼロ冊の本がこうして店の売上げに貢献していることを考慮せずに棚をつくっていけば、本屋は魅力のない空間になってしまう――。
(石橋毅史『「本屋」は死なない』による)
58. 魅力ある本屋の姿勢として、筆者の考えに合うのはどれか。
·  売れない本にも興味をもってもらえるよう工夫する。
·  売れない本も役割をもっていることを理解する。
·  売れない本がなくなるように客の好みを調べる。
·  売れない本はできるだけ置かないようにする。
(5)
 住まいは「生活の器」であると言われている。器と言えばよく引き合い(注1)に出されるのが食器である。うどんにはどんぶり、味噌汁には汁椀、ステーキには皿というように食べ物に合った器が必要であり、汁碗に入ったステーキがナイフで切れないように器によって中身が制約される(注2)。この点では住まいも同様である。住み手毎にその生活は異なっているから、住み手に合った住まいが必要であり、逆に、住まいによっては住み手の生活が歪められる(注3)こともある。
(多田道太郎編『環境文化を学ぶ人のために』による)
(注1)引き合いに出す:例にする
(注2)制約する:制限する              
(注3)歪められる:ここでは、変えられてしまう
 
 
 
59. 筆者によると、住まいと食器の共通点は何か。
·  中に入るものは、「器」と同じ形になる。
·  中に入るものによって、必要な「器」は違う。
·  「器」の形によって、中に入らないものがある。
·  「器」の価値は、中に入るものによって異なる。
 
問題11 次の(1)から(3)の文章を読んで、後の問いに対する答えとして最もよいものを、1・2・3・4から一つ選びなさい。
(1)
 日本の大学生はコピーをとる機会が多い。コピー代は大抵1枚10円で、決して高くはない。けれども、枚数が多いため、大学生にとってはそれなりの負担になる。コピー代が安くすめば、もう少し余裕のある学生生活が送れるかもしれない。
 このような事情を実感していた①大学生たちが5人集まって、無料でコピーがとれるコピー機を大学に設置する会社を始め、好評を得ている。
 では、彼らはどうやってコピー代を無料にしたのか。それは、企業からの広告料を利用しようというアイデアから始まった。           
 仕組みはこうだ。まず、この会社は広告を出してくれる企業を募集し、広告料をもらう。そして、その企業の広告をコピー用紙の裏面に印刷し、大学に設置した無料コピー機にセットする。学生がこのコピー機を使うと、コピー用紙の表には学生のとったコピーが、裏には企業の広告が載る。つまり、コピー用紙が企業の広告にもなるというわけだ。この会社は、このようにして得た広告掲載料を、無料コピー機の経費にあてているのだ。
 この仕組みは、広告を掲載する企業にとっても②利点がある。学生向けの広告を、学生に対してのみ効果的に出せるのだ。ちらしと違って読まずに捨てられることのないコピー用紙なら、学生が広告を見る可能性が高い。実際に若者向けの商品を主力とする多くの企業が広告を載せているという。
 学生のアイデアを生かしたこのような会社は、今後も増えていくだろう。
 
60 大学生たちは何を目的として会社を作ったか。
 
·  大学生向けの情報をコピーを使って提供すること  
·  大学生にコピー代の節約を意識してもらうこと
·  大学生が多くのコピーをとれるようにすること
·  大学生のコピー代の負担を少なくすること
61 この会社では、どうしてコピー代を無料にできるのか。
·  学生が払うべきコピー代を、広告費として後から企業に請求できるから
·  広告が掲載されたコピー用紙を、企業から提供してもらえるから
·  企業から受け取る広告掲載料を、コピー機の経費として使えるから
·  企業の広告が描かれたコピー機を、企業から借りられるから
62 利点とあるが、この文章からわかる企業にとっての利点は何か。
·  大学生を通して、他の人にも広告商品を宣伝できる。
·  対象を大学生に絞り込めるので、効果的に広告を出せる。
·  広告に対する学生の反応を、今後の商品開発に生かせる。
·  ちらしより捨てられにくいので、広告を出す回数が減らせる。
 
 
 
(2)
 心理学者で立正大学特任講師の内藤誼人さんも、就寝(注1)直前の勉強を勧める一人。では、日中の勉強は無駄が多いだけかというと、「そんなことはありません」と内藤さん。眠る前以外にも、記憶をするのに効率的(注2)な時間帯があることが分かっているそうです。
以前、アメリカの教育心理学者が、小学5、6年生を対象に、記憶力や理解力が時間帯によってどう変わるかを調べる実験を行ったことがあります。その結果、計算や暗記などの作業効率は、午前10時と午後3時くらいがピークでした。
 午前8時の成績を100とすると、同10時に160まで上昇。その後、午後1時に98まで下がり、同3時には103に上がるという曲線を描いたそうです。
「午前と午後に一度ずつ効率の上がる時間帯に、最も集中して勉強すれば効果的。もちろん個人差はあるので、自分のリズムをきちんと把握(注3)し、ノッている(注4)時間帯を見つけることが大切です」
 1日に5時間勉強し、1時間に50個ずつ覚える。そんなやり方は、非効率極まりない(注5)。絶好調(注6)の時間帯に2倍のノルマ(注7)を課し、それ以外は軽く流す。タイミングをとらえた勉強法が、記憶力を高めるのです。
「能率の波は、自分で意識的にコントロールすることもできる。自分が勉強する時間帯に、最も頭の働きが良くなるよう習慣づけられればベスト」と内藤さん。タイミングを待つだけではなく、自分から作り出す“攻めの姿勢”が求められるのです。
(読売新聞2011年11月18日付朝刊による)
(注1)就寝:寝ること
(注2)効率的な:ここでは、効果が上がりやすい
(注3)把握する:ここでは、つかむ
(注4)ノツている:ここでは、調子が良い           
(注5)~極まりない:非常に~だ
(注6)絶好調の:非常に調子が良い
(注7)ノルマ:ここでは、しなければならない勉強の量
63 アメリカの教育心理学者の実験結果について合っているのはどれか。
·  アメリカの教育心理学者の実験結果について合っているのはどれか。
·  時間帯が遅ければ遅いほど成績が上がる。
·  午後3時ごろの方が午前10時ごろより成績が良い。
·  午前10時ごろの方が午後3時ごろより成績が良い。
64 この文章によると、効果的な勉強法とはどのようなものか。
·  毎日勉強することを習慣づける。
·  勉強の量と時間を毎日一定にする。
·  調子の良い日に集中して勉強する。
·  頭の働きが良くなる時間に勉強する。
65 “攻めの姿勢”とは何か。
·  能率のピークをできるだけ長く保てるようにする。
·  能率のピークに活動できるように生活の時間を調節する。
·  能率を上げたい時間帯に能率のピークが来るようにする。
·  日中に能率のピークが来るように自分の生活を変える。
(3)
 個性の重視ということが注目されるようになって以来、「子どもの興味を尊重し、一人ひとりの子どもが興味を持つこと、『やってみたい』と言うことを好きにやらせることが、個性の重視である」という解釈が広がりました。しかしその結果、社会生活上のしきたり(注1)や習慣を教える機会を失ったと悩む教師と、好きなことしかやりたがらない子どもをつくってしまったということはないでしょうか。個性の重視とは、「二人と同じ人間はいない、つまり人は一人ひとり異なる存在である。だから、一人ひとりが異なった興味や価値観を持つのは当然である」という考え方を肯定する人間観を意味しているのです。(中略)
 子どもの興味や関心は日々変化する可能性があります。しかし、なんらか(注2)の形でその対象を知る機会がなかったなら、興味を持つこともないのです。小学生はまだまだ経験の幅が狭いものです。ですから、おのずと(注3)興味や関心を持つ対象も、非常に限られた範囲のものになります。さまざまなものに興味を持つのを待つばかりでなく、興味が持てるように、さまざまな体験ができるようにすることが大切です。
(渡辺三枝子『キャリア教育――自立していく子どもたち』による)
(注1)しきたり:昔からの決まり
(注2)なんらかの:何かの
(注3)おのずと:自然と
66 好きなことしかやりたがらない子どもをつくってしまったとあるが、筆者はどこにその原因があると考えているか。
·  個性の重視ということが間違って解釈されている点
·  個性の重視ということが注目されている点
·  個性の意味についての解釈が定まっていない点
·  教師が社会生活上のルールを教えていない点
67 筆者は、子どもの個性を重視するとはどのようなことだと言っているか。
·  それぞれの望むことを自由にさせる。
·  それぞれの興味や価値観を尊重する。
·  他人より優れた点を高く評価する。
·  他人との違いが大きいほうがよいとする。
68 子どもの教育について、筆者が言いたいことは何か。
·  子どもの興味や関心は変わりやすいので、注意深く観察することが必要だ。
·  子どもの興味や関心が広がるように、多様な体験の機会を与えることが重要だ。
·  子どもの自主性を尊重し、自身で新しい興味や関心を見つけ出すのを待つべきだ。
·  子ども自身が見つけた興味や関心に注目し、それを集中して経験させたほうがよい。
 
問題12 次のAとBは学校での勉強について書かれた文章である。AとBの両方を読んで、後の問いに対する答えとして最もよいものを、1・2・3・4から一つ選びなさい。
A
 将来、有効となる能力とは、「理解力」「想像力」「表現力」の三つです。数学や外国語、歴史、理科など、さまざまなジャンル(注1)、要するに別角度からのアプローチ(注2)を経て、この三つの力を養うのが勉強の本質(注3)なのです。
 人生におけるほとんどの仕事は、この能力によってなされます。あるいは、子どもが成長して、大きな困難にぶつかったとしても、この能力が養われていれば、上手に克服することができます。 さらに、この能力は、小金を稼ぐためにのみ役立てるべきではありません。社会に貢献し、人類が進歩するための貴重な一助となるためにこそ、能力を高めなければならない、とそこまで言ってやると、子どもの目は断然と(注4)輝き始めます。
(鈴木光司『なぜ勉強するのか?』による)
B
 社会はわからないことだらけだ。そんな社会で生きるために大事なことは、わからなくても簡単にあきらめないことだ。
 簡単にあきらめない能力を養うためにどうしたらいいか。実は、この能力を養うために人は社会に出る前に勉強をしているのだ。勉強するとわからないことに出会える。わからないからこそ勉強するのであって、初めからわかっていたら勉強しようという気も起きない。社会人になった今では数学も歴史も、習ったそのままの知識は忘れ去ってしまったが日常生活には特に困ってはいない。しかし、わからないことにチャレンジし、わかるようになるまであきらめずに勉強するという姿勢は、今も役に立っている。
(注1)ジャンル:ここでは、科目
(注2)アプローチを経て:アプローチによって
(注3)本質:ここでは、いちばん大切なこと
(注4)断然と:ここでは、必ず
69 AとBで共通して述べられていることは何か。
·  勉強しなければ、何がわからないかも気づけない。
·  勉強によって身につけた力だけでは、生きていけない。     
·  勉強によって養った力は、将来社会に出てから役立つ。
·  勉強で成績が良い人間は、困難を克服する力を持っている。
70 勉強することについて、AとBはどのように考えているか。
·  AもBも、各科目を勉強することが、途中であきらめない強い心を養うと考えている。
·  AもBも、社会に出る前の勉強よりも、社会に出てから学ぶことのほうが大切だと考えている。
·  Aは社会に貢献する能力を養うことが、Bは生活に役立つ知識を学ぶことが、生きていく力になると考えている。
·  Aはさまざまな科目を勉強することが、Bはわからないことを勉強し続けることが、大切だと考えている。
 
問題13 次の文章を読んで、後の問いに対する答えとして最もよいものを、1・2・3・4から一つ選びなさい。
 この数十年の変化の中で、もっとも大きく変わったものは何かと問われると、私は人生の選択肢が飛躍的(注1)に増え、さらにその選択をする自由度が高まったことではないかと答えます。
(中略)                                     
 親が決めたレールや、こうあるべきだという社会通念(注2)は、極端に少なくなり、どんな生き方も肯定される、そんな時代になったと思います。各人が自分の責任において、自分の生き方を選ぶことができるようになったのです。                     ところが、①この状況が人を幸せにしているとは必ずしも言えないというのが現状です。選択肢の数の増加と同じだけ、“これでいいのだろうか……”という迷いも増えました。迷って選択ができない、あるいは選択したけれど間違ったと思う……。そんな人たちが増えてしまったのです。
 何かを得ようとして選択したことで、何かを失ってしまったかもしれない。本当は別の幸せがあったのかもしれないのに、自分はそのチャンスを逃してしまったのかもしれない。本当の自分は、こんな自分じゃなかったのではないだろうか。
 他の人とくらべて、自分の人生が劣っているのではないか、失敗だったのではないかと考えてしまう。こうやって自分を追い込み、自分の人生に自信がもてなくなる。そんな人をたくさん生んでしまったのではないでしょうか。
 ②生き方なんてこれしかないと言われたほうが、実はラクなのかもしれません。その中で、精一杯生きれば良いからです。でも、生き方はいくらでもあると言われたら、迷うのは当然のことだと思います。
 でも大事なことはやはり、何をするかではなく、どう生きるかなのではないでしょうか。どんな選択をしようと、これが正解だなんてものは誰にも決められません。決められるとしたら、それは本人がそう思い込めるかだけです。
だとすると、本人が自分の選択が良かったと素直に思える、あるいはその選択がどうであれ、自分は良く頑張った、精一杯やったと心から思えることが大切なのではないでしょうか。
 人生の選択肢の多さに惑わされないで(注3)ください。いま自分が何をしているかで、自分の人生を判断しないでください。大切なのは、何をしているのかではなく、どう生きているかなのですから。どう生きるかは、いまからでもすぐに変えられるのですから。
(高橋克徳『潰れない生き方』による)
(注1)飛躍的に:大幅に
(注2)社会通念:広く社会に受け入れられている常識
(注3)惑わされないで:ここでは、迷わされないで 
71 この状況とはどんな状況か。
·  自分の生き方を自分で決められる。
·  自分らしい生き方が高く評価される。
·  親に決められた生き方を信じられる。
·  限られた選択肢の中で生き方を選べる。
72 生き方なんてこれしかないと言われたほうが、実はラクなのかもしれませんとあるが、なぜか。 
·  自分の生き方で迷わなくて済むから
·  自分の生き方が正しいと常に感じられるから
·  人生の意味について考えなくて済むから
·  人生に失敗してもあきらめがつくから
73 この文章で筆者が最も言いたいことは何か。
·  人生において、社会に通用する生き方を探すことが大切だ。
·  他の人とくらべずに、自分らしい人生を選んだほうがいい。 
·  どんな人生を選ぶかより、選んだ人生をどう生きるかが大切だ。
·  人生の選択を間違えたと思ったら、柔軟に生き方を変えたほうがいい。
問題14 右のページは、ある事典の販売に関する案内である。下の問いに対する答えとして最もよいものを、1・2・3・4から一つ選びなさい。
 
74 岩田さんはこの事典をなるべく安く手に入れたい。予約方法と代金の支払いはどうすればよいか。
·  1月15日までに書店で予約し、1月20日までに全額を振り込む。
·  1月15日までに書店で予約し、2月1日に書店で全額を支払う。
·  1月15日までにホームページで予約し、同時にクレジットカードで全額を支払う。
·  1月15日までにホームページで予約し、1月20日までに分割払いの初回分を振り込む。
75 この事典を予約販売で購入した場合、安さ以外の利点はどれか。   
·  発売日より前に、事典を受け取ることができる。
·  分割払いの支払い回数を自由に決めることができる。
·  発行元に、振り込み手数料を負担してもらえる。
·  海外にも送料無料で事典を送付してもらえる。
 





相关热词搜索:日语考级 真题练习 日语学习

上一篇:【真题N2级】2012年12月日语N2级词汇语法真题
下一篇: 【真题天天练】 N1词汇语法题(附答案讲解)

拨打电话图标 400-8617-600 ×
×

微信扫码加入学习社群